お金を借りる事を考える前に

給与にあとプラス5万円欲しい!金融機関でお金を借りるのではなく副業で5万円稼ぐ方法を教えます

お金を借りる事無く稼ぐ方法

お金を借りるのではなく空き時間を使ってお金を作り出そう

財布

今の時代、誰もが当たり前のように行っているのが副業です。 お金を借りる事を検討しているのなら、月5万円程度は副業で稼げるという事を知っておきましょう。 副業ならお金を借りるのではなく稼ぐので、後で返済と言うことにはなりませんからね。

副業として数十万を稼ぐならば、かなり範囲が限定されてきますが、月5万円程度のお金ならば多種多様な稼ぎ方が存在します。 現在においては、意欲的に取り組めばそれほど難しいことではありません。 お金を借りるのは簡単ですが、後で必ず利息を付けて返済をしなければなりません。 お金を借りる事と比較すると副業は収入なので、完全に自分のお金となります。

このサイトは、そんなお金を借りるのではなく、月5万円程度のお金を稼ぐための副業の選択肢を皆さんに提供するサイトです。 膨大な数になる副業の中から厳選して、話題の副業の詳細を紹介いたします。 主に在宅でパソコンを使って限られた時間で可能な副業に限定していますので、本業を持って副業に使える時間が限られた人にとっては、紹介しているどの副業についても有益な情報となるはずです。 金欠でお金を借りることを常日頃から考えている方は、当サイトで稼ぐ方法を学びましょう。

パソコンを使った様々なお金の稼ぎ方

パソコンを使っている女性

パソコンを使っての副業なら決して外せないのがアフィリエイトです。 これについては生活の知恵として誰もが知識を手に入れておきたいところです。 アフィリエイトは初期投資がほぼゼロでOKなのでお金を借りる事無く始めることができます。

また、アフィリエイトと似てはいますが厳密には違うのがネットショッピングです。 最近は在庫を持たないネットショッピングも可能になってきており、ドロップシッピングというよりネットショップ感覚で取り組める在庫を持たずにリスクを軽減できる取り組みもあります。 ネットショッピングを始める際の費用はレンタルサーバー代程度なので、これもお金を借りる事なくできるビジネスです。

また、副業と趣味を兼ねるというのはとても良い考え方で、それを実現させてくれるサービスがピクスタです。 ピクスタは自分の写真が商品になってしまうという優れたサービスで、写真が趣味の人にとってはこれほどまでに有用な副業は他にはなかなかありません。

自分の仕入れテクニックやセンスを試したいなら、オークションやせどり、個人輸入、個人輸出といった副業も考えられます。 いずれも月5万円の可能性を秘めている副業となっていますが、初期投資が必要ですので、資金が無い場合はお金を借りる事を考えなければなりません。 投資についても副業になる可能性を秘めていて、サラリーマン投資家として副業を行うならば、やはり運用資金や時間的な柔軟性を持ち合わせているFXが対象になるのではないでしょうか。 FXはお金を借りることで大きな取引が可能ですが、失敗した際の損失が大きいのでお金を借りることなくあくまでも手持ち資金で運用することが大切です。

これらの副業について詳細解説を行っていますので、お金を借りることを考えていた方は、ぜひご覧になってみてください。

当サイトでは、お金を借りる前にお金を稼ぐことを考えようという内容になっています。 お金を稼ぐことで確実にお金を手に入れることができますが、急ぎと言う場合には、仕事を探していたのでは間に合いませんよね。 そんな時は、つい消費者金融などの貸金業者からお金を借りることを考えてしまいます。 ですが、その前に身の回りの不要品で売ることができる物がないかを探してみましょう。 何度もできるお金の調達方法ではありませんが、急場をしのぐには最適な方法です。 自分の所持品でディスカウントストアや質屋に売ることができる物があれば、お金を借りる必要はありませんよね。 例えば、ブランドの服やカバンで使っていない物があるなら売ることで現金を手にすることができます。 ただし、必要とするお金の額によっては物を売った代金だけで足りないかもしれません。 その場合は、緊急性を要するなら即日融資可能な貸金業者から最低限のお金を借りることを検討しましょう。

美容健康オタクで散財

とにかく私は美容や健康に関する情報が大好きで、周囲からはオタクと呼ばれています。 話題のものにはお金を借りることをしてでも手を出さないと気が済まないのです。

食材はオーガニックと名前の付くもの、サプリメントもネットで海外から取り寄せていました。 しかし、このような健康グッズって、結構高いんですよね。 エステサロンまで通ってたので出費はどんどんかさんでしまい、お金を借りることにしました。

散財は段々とエスカレートしてしまい、健康になるために借金を重ねてしまったのです。 エステのローンも思ったより高金利ですし、健康器具も分割ローンで買ってしまいました。 最初はせっせと使っていたのですが、効果が出ず止めてしまうものもありました。 そして残ったのは借金のみで、既にキャンセルをできる期間も過ぎているためローンの返済だけ必死にしている状態です。

そうなると月々の返済は家計を圧迫し始め、ストレスで身も心も病んでしまいました。 知人からはお金を借りるまでして美容や健康に気を配っているけど、全然不健康じゃないかとバカにされました。 そう言えばお酒も飲むしたまにはラーメンを食べに行く知人の方が、私よりもとても若々しく見えます。

自分の馬鹿さ加減にすっかりうんざりし、過剰な美容健康オタクは止めることにしました。 今でももちろんヘルシーなものは好きですが、お金を借りるまでして散財しないようにしています。 食べるものも大事ですが、精神的な健康をもっと大事にしていこうと思っています。

妻に言っていない金銭の工面方法

お給料の割り振り

お金を借りることを妻には内緒にした話です。 私の妻は、結婚前のお付き合いをしていた頃からそうなのですが、すごく心配性です。 よく起こりもしないことを心配する人がいますが、私の妻はまさにその典型例とも言えるような性格をしています。 楽天家の私とは正反対の性格なので、妻に対してはできるだけ心配させるようなことをしない様にしようといつも思っています。 ですから、今回お金を借りる事になったことは言っていません。

妻には毎月、自分の給料から家賃代を含めて14万円を渡しています。 そのお金で1月やりくりをする様に言っています。 その14万円で食費や光熱費、その他もろもろに使って、もし残ったら妻のお小遣いにしても良いという事にしています。 私自身は、給料で妻に渡した分以外の3万円を毎月の積み立て貯金として、残りを自分のお小遣いとしています。 自分のお小遣いは、昼食代を含めて月3万円ぐらいなので、たぶん一般的な額だと思います。

車の物損事故

私は通勤はマイカーを利用しています。 あるとき、帰宅途中で大型書店に立ち寄ったのですが、その駐車場で他の人の止めてあった車に自分の車をぶつけてしまい、相手の車のボディをへこませてしまいました。 とりあえず、警察を呼んで、事故扱いにして貰ったのですが、自分は自動車の任意保険に入ってなかったので、自腹で相手の車の修理をしなければならなくなりました。 もちろん、ぶつけた自分の車もバンパー部分がへこんだので、この修理もする必要があります。

ぶつけた車の持ち主には謝罪をして、修理費は全額持つことを約束しました。 自動車ディーラーで自分の車と、ぶつけてしまった方の車、2台の修理費用を見積もってもらったのですが、合計で30万円ほど掛かることがわかり、お金を借りる必要があると判断しました。 30万の現金は無かったので、お金を借りるのにキャッシング会社を利用しました。

自分の車は3日程度、もう一台の車は1週間程度で修理を終えることができました。 修理が終わって車を引き取った時に自動車ディーラーには修理費の全額を支払いました。 この事故のこと、そしてお金を借りるのにキャッシングを使ったことは、今でも妻には内緒にしています。 お金を借りる必要があった事を妻に話すと、心配性なのであれこれと色々なことを心配し出して不安になってしまうと思うからです。

キャッシングの30万円は返すのに1年半ぐらいかかりそうなので、妻には全て返済した時に今回の車の事故とキャッシングでお金を借りるに至ったことを話そうと思います。 全てが終わった話であれば、妻もお金を借りる等の話を聞いたとしても心配することはないでしょうから。 このことを話した時に、なぜ黙っていたのかと怒られるかもしれないけど、自分の選択した判断は間違っていないと思っています。 [追記]

・どうしてもお金を借りる必要がある際に頼りになるサイト
お金借りる
緊急で借入れをしたい場合でも即日融資で対応可能な貸金業者です。 お金を借りる前には実行可能な返済スケジュールを立てましょう。

大阪ハローワーク